産総研(AIST)>分散型熱物性データベース

分散型熱物性データベースは液体、固体、高温融体に関する熱伝導率、 比熱容量、熱拡散率、密度、表面張力、蒸気圧などの熱物性値を収録しており、 無料でご利用いただけます。(開発・運営:産業技術総合研究所)

Webブラウザから利用する: TPDS-web

■分散型熱物性データベースの概要


これまで多くの物質・材料データベースが開発されてきましたが、これらのデータベースはいわゆる「集中型」であり、センター的役割を果たす一機関(データセンタ)に全てのデータを集め、データ入力・管理・供給の全ての処理を行うことが一般的でした。 (国)産業技術総合研究所 物質計測標準研究部門 熱物性標準研究グループ(以下産総研) では独立し分散した熱物性データベースを統合した形でネットワークからアクセスする「分散型熱物性データベースシステム」の概念を提示し、物質・材料の熱伝導率、熱拡散率、比熱容量、熱膨張率、放射率などの熱物性値を収録する熱物性データベースの開発を進めています。2011年度末現在、固体材料、高温融体、流体に関して合計約10,700件の熱物性データを収録し、無償で公開しています。

■分散型熱物性データベースの特徴

■物質・材料の階層的分類

物質・材料情報はツリー構造を利用し当方が定めた基準に沿って階層的に分類し、収録しています。物質の特徴を把握している場合は、ツリー構造を利用して所望の物質へのアクセスできます。

■データユーザー・プロジェクトによるアクセス管理

機関連携によるデータ収録が分散型熱物性データベースの基本思想です。連携研究者や登録ユーザーは個人アカウントが割り当てられます。この個人アカウントとデータプロジェクトという概念を用いて物性データのアクセスコントロールを実施し、データセキュリティの確保に努めています。

■物性データ

各物性データには数値テーブル・式データ、出典、計測機器・計測手法、不確かさ等の情報が収録可能です。一方、データソースによっては、これらの情報が充分に与えられていないことがあります。また、変数をもつ物性データは視覚的に把握できるようグラフ表示が可能です。

■使用単位

可能な限りSI単位で表記の統一を行っています。スペクトルデータなど例外を認めた方が特性を把握しやすい場合に限り、SI以外の単位を採用しています。

■検索機能

物質名や化学式による検索、ある範囲の物性値を有する物質・材料の検索、それらの論理式による検索が可能です。

■2つ種類の閲覧方法

Webブラウザを利用する方法と専用ソフトウェアInetDBGVを利用する方法があります。Webブラウザ版は上記の機能を備え、ユーザー登録無しにデータを閲覧することが出来ます。ユーザー登録後に利用可能となる専用ソフトウェアInetDBGVでは、物性データ重ね描画、物性値の範囲指定による検索等、Webブラウザ版よりも閲覧機能が強化されています。

■分散型熱物性データベースの連携体系

熱物性データベースの構築に関わる複数の機関が、それぞれの担当分野について熱物性データを保有し、それぞれの機関の責任で熱物性データの登録、更新、管理等を行います。

    分散型ネットワークデータベース構成図

 

 

■外部研究機関との連携

・高融点金属溶融体の熱物性データ整備に関する連携(JAXA石川教授)
・融体熱物性データ整備に関する連携(東北大 福山教授等)
・熱物性データ公開サービスにおける連携(日本熱物性学会)

参加・獲得プロジェクト


2002年度〜産総研研究情報公開データベース(RIO-DB)のテーマとして採択され、現在まで同テーマのサポートを受けて開発・公開を継続しています。
2006年度〜2007年度:NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構) 知的基盤創成・利用促進研究開発事業
「材料データベースの連携プラットフォームの構築に関する調査研究」
1999年度〜2001年度: NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構) 知的基盤創成・利用技術研究開発事業
「流体および高温融体の熱物性標準データと計測技術の研究開発」
1998年度: NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構) 民間の機能を活用した知的基盤事業(即効型知的基盤創成研究開発事業) 「新規産業創成のための熱物性データに関する基盤整備」
1997年度〜2001年度:科学技術振興調整費知的基盤整備推進制度「機能材料の熱物性計測技術と標準物質に関する研究」、サブテーマ「プロトタイプ熱物性データベースの研究」
2011年度〜2013年度:日本学術振興会科学研究振興費基金基盤研究C「材料オントロジーの拡張と国際化による材料データ交換手法の確立」

プロジェクト成果アーカイブ


1.科学技術振興調整費知的基盤整備事業「機能材料の熱物性計測技術と標準物質に関する研究(H9FY-H13FY) 」89件
2.知的基盤創成利用促進研究開発事業「流体及び高温融体の熱物性標準データと計測技術の研究開発(H11FY-H13FY)」実測データ6591点、文献データ4208点
3.知的基盤創成利用促進研究開発事業「 革新的鋳造シミュレーション技術(H11FY -H14FY)」実測データと文献データの合計272件
4.知的基盤創成利用促進研究開発事業「溶接設計支援システム用データベース構築の調査研究及び研究開発等(H17FY-H19FY)」 実測データ32件

 

■掲載物性・物質詳細

収録物質

収録物性

   金属単体の熱伝導率
   半導体・半金属の熱伝導率

- DB閲覧:Webブラウザから-

TPDS-web

 OS,ブラウザに依存しない、閲覧システムで簡易検索、データ比較等ができます。

■データ更新情報