産総研(AIST)>分散型熱物性データベース

分散型熱物性データベースは液体、固体、高温融体に関する熱伝導率、 比熱容量、熱拡散率、密度、表面張力、蒸気圧などの熱物性値を収録しており、 無料でご利用いただけます。(開発・運営:産業技術総合研究所)

Webブラウザから利用する: TPDS-web

ご案内

約3,600物質・材料に渡り、合計11,500件以上の物性データ(機械特性、光学特性、XRDスペクトル等を含む)を無償でご利用いただけます。右欄のDB閲覧項目からデータベースへアクセスできます。また、下記データ紹介のリンクからも直接データベースへアクセスできます。

104件の新規データ公開 2016年04月13日

分散型熱物性データベースでは、新たに104件のデータを新規に公開しました。DLCやCVDダイヤモンドのダイヤ材料、GaN,InNなどのワイドバンドギャップ半導体、高温高圧下での鉱物等に関する熱物性データを整備しました。主な公開データは以下通りです。

1.DLC(ダイヤモンドライクカーボン)薄膜、およびCVDダイヤモンドの熱拡散率、熱伝導率

2.バルクGaN(窒化ガリウム)の熱伝導率

3. バルクInN(窒化インジウム)の密度、比熱容量、熱拡散率、ギブスエネルギー、エンタルピーなど

4.カンラン石(Olivine)ガーネット(Garnet)ステショフ石(Stishovite)コーサイト(Coesite)などの熱拡散率および熱伝導率の圧力・温度依存性データ

- DB閲覧:Webブラウザから-

TPDS-web

 OS,ブラウザに依存しない、閲覧システムで簡易検索、データ比較等ができます。

■データ更新情報